2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。

タグ:電車

鳴らない電車

 2015.11.01     都市伝説・ネタ     コメントを書く

大学2年の4月頃の夜遅く、僕と彼女のRは駅の改札を通り、階段を下りていました。 改札の真上の電光掲示板では、電車が来るまでまだ時間があるようでした。 24時を回っていたので誰もいないだろうと思い、2人でまったりしながら電車を待つつもりでした。 階段はホームの端にあったので、ホーム全体を見渡すことができます。 ホームは人でいっぱいで、朝の通勤ラッシュのようでした。 電車…

 評価:1 vote, average: 3.00 out of 51 vote, average: 3.00 out of 51 vote, average: 3.00 out of 51 vote, average: 3.00 out of 51 vote, average: 3.00 out of 5 3.00 (1 件の評価)
続きを読む

家の真ん前が飛び込み自殺で有名な某路線で起こる弊害

 2015.10.27     人から聞いた怖い話     コメントを書く

俺の友人が体験した怖い話。 俺の友人もとい彼は、数年前まで東京の飛び込み自殺で有名な某路線のすぐ側のアパートに住んでいた。 それこそ窓の直ぐ側に線路があるような場所で、そこに引っ越した最初の頃は、深夜に通過する電車の音と振動で眠れなくなる位の場所だった。 まあ、その所為もあるのか駅の近くの立地にしては家賃も安かったので音と振動も我慢する事にして、数週間も過ごせば次第に彼は電車の通…

 評価:2 votes, average: 5.00 out of 52 votes, average: 5.00 out of 52 votes, average: 5.00 out of 52 votes, average: 5.00 out of 52 votes, average: 5.00 out of 5 5.00 (2 件の評価)
続きを読む

踏切でボーッと突っ立って居る絶望おじさん

 2015.10.26     恐怖体験談     コメントを書く

一昨年のお盆のこと。 祖父の家で、毎年恒例の親戚が集まって焼肉してた。 近所のおじさんが買い物袋を両手に持って、祖父の家のすぐそばの踏切で、ぼーっと立っていた。 そして踏切が鳴り、大声を出したらおじさんに聞こえる位置なので、親戚一同 「危ないよ!!」 って叫んだが、おじさんはまだつっ立ってる。 親戚の一人が走り駆け付けたが間に合わなく、電車が来てそのままおじ…

 評価:0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 0.00 (0 件の評価)
続きを読む

音はするのに姿は見えない透明な電車に乗車する人々

 2015.10.16     恐怖体験談     コメントを書く

これは、とある事がキッカケで霊感を得たオレと母の話。 当時の家は社宅の二階だった。 オレと姉、そして母の三人家族。父親は別居していた。 中学卒業を間近にひかえた初春のある日の夜。 受験の圧力からは解放されていたオレは、コタツに入ってダラけながらテレビを視聴。母も一緒。姉は風呂(←いつも風呂入ってる) 時間はハッキリ覚えてないが、終電の時間は過ぎていた。そう終電。 …

 評価:2 votes, average: 5.00 out of 52 votes, average: 5.00 out of 52 votes, average: 5.00 out of 52 votes, average: 5.00 out of 52 votes, average: 5.00 out of 5 5.00 (2 件の評価)
続きを読む

マジキチ女と冷血漢なサラリーマンによる修羅場

 2015.10.12     本当にあった怖い話     コメントを書く

これは先月、京浜東北線のホームで電車を待っていたときの事です。 通勤ラッシュの時間帯だったので、ホームに降りる階段はとても混み合っていたのですが、突然女性の金切り声が聞こえて、私は驚いて階段を振り返りました。 その女性は全身黒尽くめ、伸び散らかした髪の隙間から眼を見開いて、サラリーマン風の男性の後ろにピッタリと張り付いて叫びまくってました。 動きかたや表情がとても不気味で、直感的…

 評価:1 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 5 5.00 (1 件の評価)
続きを読む

零時丁度に踏切前でクラクションを鳴らすと自殺者の霊が出る真夜中の踏切

 2015.09.30     恐怖体験談     コメントを書く

これは俺の体験した話です。 数年前、友人Aに 「胆試しに行かないか?」 と誘われ、半端無理やりに近い形であるローカル線の踏み切りに行く事になった。 この踏み切りは曰く付きらしく、列車があまり通らないローカル線にも関わらず、飛び込み自殺が後を絶たない事で有名だったらしい。 その友人Aは 「夜の零時丁度に踏み切り前でクラクションを鳴らすと自殺者の霊がでる」 と言う、何処にでも…

 評価:0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 0.00 (0 件の評価)
続きを読む

舌を這わすような感じで顔を舐める変な女が現れたことで女性不信になった俺

 2015.09.27     本当にあった怖い話     2件

変な女が現れて怖い思いをした事なら、俺もあるなぁ。 小学校1年の2学期に入る前だったかな。 父親の仕事の都合(海上保安庁に務めてる)で、実家から島根県に引っ越す事になった。 当時は車を持ってなかったので、荷物の運送は業者に任せ。 俺達家族は、必要な荷物だけ持って鈍行列車で「浜田駅」まで行く事になった。 駅に着くまで2時間半ぐらいかかるので、親父も母親も妹も…

 評価:1 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 5 5.00 (1 件の評価)
続きを読む

20年前に不幸な死を遂げた女性によって書かれた手紙を受け取った幸せな女性

 2015.09.24     都市伝説・ネタ     コメントを書く

千葉県‥‥といっても、比較的東京寄りの地域に住んでいる女性がいました。 彼女は、気立てがやさしく正義感の強い25歳程の女性(A子さん)で、5歳年上の会社員の彼氏と同姓しており彼女自身も東京の比較的都心に近い場所にある会社に某私鉄の東西線を利用してOLとして働いていたそうです。 2人の付き合いは長く、築20年を悠に超えるであろうアパートでの2人暮らしは既に5年目を迎え、お互い口に出さない…

 評価:0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 0.00 (0 件の評価)
続きを読む

東西線の西船橋駅で電車の下敷きになった人を見た俺と物凄いにこやかな清掃のオバちゃん

 2015.09.21     恐怖体験談     コメントを書く

八月くらいだったかな、東西線の西船橋駅で電車待ちしていた時の事なんだけど… ちょうど、その時東西線乗り場とはちょっと離れた総武線乗り場の方で飛び込みがあったんだ。 キキーッ!ていう激しいブレーキ音とブーーッ!ていうクラクション?が鳴って、向こうの方でガヤガヤやってるから 『ああ、飛び込み自殺かな?』 って思って、階段上がって総武線のホームまで見に行ったんだ。 電車はホームの半…

 評価:2 votes, average: 5.00 out of 52 votes, average: 5.00 out of 52 votes, average: 5.00 out of 52 votes, average: 5.00 out of 52 votes, average: 5.00 out of 5 5.00 (2 件の評価)
続きを読む

北千住発日比谷線に乗るのが習慣だった俺を電車に乗せてくれない謎のおばさん

 2015.09.14     オカルト・超常現象     2件

11年前に奇妙な体験をしたので書こうと思う。 その時、俺は結婚したての20代後半で丁度妻が今日か、明日には生まれる状態だった。 いつも朝は会社に行くために、北千住発日比谷線に乗るのが習慣だった。 忘れもしない3月20日。 その日も、いつもと変わりなく北千住発日比谷線を乗ろうとした。 しかし、乗る寸前で俺の右手がすごい力で引っ張られた。 よく見ると、6…

 評価:2 votes, average: 3.00 out of 52 votes, average: 3.00 out of 52 votes, average: 3.00 out of 52 votes, average: 3.00 out of 52 votes, average: 3.00 out of 5 3.00 (2 件の評価)
続きを読む

検索

アーカイブ

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

怖いコピペSNS