2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。

カテゴリー:海外の怖い話

USAのケンタッキー州で怪しい黒人をスルーしようとチャリに乗った瞬間チリンチリン→追いかけられたデンジャラス

 2015.09.19     海外の怖い話     コメントを書く

十二年前、アメリカに留学してた時の話。 夜の10時頃に、アメリカ人の友達から電話でビリヤードに誘われて、待ち合わせ場所のバーにチャリで向かった。 ごくごく普通なアメリカの平凡な住宅街。 100坪ぐらいある様なデカい家が、並列に一軒一軒並ぶ様は日本人の俺からしたら新鮮で何度見ていても楽しかった。 ボーと見ながらチャリを漕いでいた途中、変なものを見つけ、チャリを止めてしまった。…

 評価:3 votes, average: 3.33 out of 53 votes, average: 3.33 out of 53 votes, average: 3.33 out of 53 votes, average: 3.33 out of 53 votes, average: 3.33 out of 5 3.33 (3 件の評価)
続きを読む

特別任務民警支隊OMOHが恐ロシア

 2015.09.12     海外の怖い話     4件

ロシアにはOMOHという秘密警察のような部隊がある。 (西側でいう海兵隊の特種部隊的な物) しかし、この部隊は行き過ぎた行動をするので、モスクワの政治家からも好かれていなかった。 その行き過ぎた行動の一つに、こんな話がある。 ある過激派の武装集団がロシア人を人質に取り、受け入れられないであろう要求をするテロ事件が発生した。 モスクワの政治家達は、テロに屈せ…

 評価:0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 0.00 (0 件の評価)
続きを読む

45口径で頭部を撃たれても生きていた男性が救急隊員のボディタッチによって死亡

 2015.09.07     海外の怖い話     コメントを書く

これは、アメリカで実際にあった事件だそうです。 ある日の昼下がり、オフィス街で、黒人男性が45口径で撃たれました。 麻○関係のトラブルらしく、男性は不幸にも人違いで狙われてしまったそうです。 しかし、目の下あたりを撃ち抜かれた男は奇跡的に生きていて、地面に仰向けに倒れたまま 「動けない!助けてくれ!」 と叫んでいました。 通行人は恐々とそばに寄り、頑張れと声…

 評価:0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 0.00 (0 件の評価)
続きを読む

待望の赤ちゃんが生まれたことで起きた絶望の裁判例

 2015.08.18     海外の怖い話     コメントを書く

どうにもやりきれない話の裁判の判例を聞いた事がある。 若夫婦に待望の赤ちゃんが生まれた。 しかし・・・ なんと、その赤ちゃんは白人夫婦なのに完全な黒人のハーフの赤ちゃんだった。 当然、旦那は奥さんの浮気を疑い夫婦仲も険悪、離婚となったが問題はその赤ちゃん。 奥さんも全くそのような赤ちゃんが生まれる心当たりが無く、しかし間違いなくその奥さんが出産したもので取り違えとかで…

 評価:1 vote, average: 1.00 out of 51 vote, average: 1.00 out of 51 vote, average: 1.00 out of 51 vote, average: 1.00 out of 51 vote, average: 1.00 out of 5 1.00 (1 件の評価)
続きを読む

17歳の頃に住んでいたアメリカで1人のお留守番中に修理工の黒人から襲われる大ピンチを切り抜けた女の子

 2015.08.13     海外の怖い話     コメントを書く

17歳の時、父親の転勤でアメリカに住んでいた。 もう8ヶ月ぐらい過ぎた頃には、両親も私に1人で留守番を任せる事も気にならず、夏の暑い日に1人で家でつまらんテレビを見ていた。 すると、チャイムが鳴ったので覗いてみたら、帽子に作業服の男が立っていた。 早い話が 「修理に来ました!」 と言った。 洗濯機が壊れたので、明日修理工が来るとは聞いていたが、今日来るとは思っていなかっ…

 評価:6 votes, average: 5.00 out of 56 votes, average: 5.00 out of 56 votes, average: 5.00 out of 56 votes, average: 5.00 out of 56 votes, average: 5.00 out of 5 5.00 (6 件の評価)
続きを読む

インパール作戦に敗れた旧日本兵の幽霊が見れる場所

 2015.08.08     海外の怖い話     コメントを書く

これは、旧日本兵の訴えとでも言うべき心霊現象だろう。 タイの北、チェンマイからメーホーンソンまで、深夜バスが走っています ここは、インパール作戦に敗れた、数多くの日本兵が、死亡し埋葬された所です。 ここの深夜バスに乗ると、時々窓ガラスを叩きながら何かを叫ぶ、旧日本兵の幽霊が見れるそうです。 私の友人のタイ人も先月見ました。 そして、日本兵の幽霊に、話し掛けられたそうで…

 評価:0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 0.00 (0 件の評価)
続きを読む

僕からの最後のプレゼントは飛行機に乗ってから開けてくれ

 2015.08.04     海外の怖い話     コメントを書く

ある日本人留学生のA美さんに起きた悲しい出来事。 A美さんは、サンディエゴの大学に留学していました。 そこで、A美さんはアメリカ人青年B君と仲良くなり、二人は付き合うようになったらしい。 しかし、A美さんは留学生、いつかは日本に帰らなきゃならない。 それでも二人は愛し合い、B君はA美さんを家族に紹介し、将来を誓い合っちゃったりもした。 A美さんはB君の家族とも打ち解け…

 評価:5 votes, average: 4.00 out of 55 votes, average: 4.00 out of 55 votes, average: 4.00 out of 55 votes, average: 4.00 out of 55 votes, average: 4.00 out of 5 4.00 (5 件の評価)
続きを読む

人間は何にだってなれると真顔で言ってきた将校の真意

 2015.08.01     海外の怖い話     コメントを書く

時は1944年、11歳になるP君はポーランドに住んでいた。 当時は、ナチに占領されていた事もあって、生活は苦しかったらしい。 無論、P君の家はユダヤ人ではなかったが、まともな食事を食べられる余裕すらなかった。 P君の家は、ユダヤ人収容所が近く、村にはドイツ兵であふれていたそうだ。 ある日、P君が配達の仕事を終え「親の仕事の手伝い」家へ帰る途中の事。 ユダヤ…

 評価:3 votes, average: 3.67 out of 53 votes, average: 3.67 out of 53 votes, average: 3.67 out of 53 votes, average: 3.67 out of 53 votes, average: 3.67 out of 5 3.67 (3 件の評価)
続きを読む

想像を絶する刺激的な出来事が起こる国インドの泥棒

 2015.07.24     海外の怖い話     コメントを書く

インドと言う国は、比較的貧しい人が多い。 道には、乞食があふれています。 生活するのも必死な人がたくさんおられます。 そんな国です。 私は、そんなインドに何か惹かれるものがあり、友人と旅行に行くことにしました。 インドは、想像以上に刺激的な国でした。 私たちは周りの目も気にせず、ジャパンマネーにものを言わせ豪遊の毎日でした。 そして、ある日たま…

 評価:5 votes, average: 3.60 out of 55 votes, average: 3.60 out of 55 votes, average: 3.60 out of 55 votes, average: 3.60 out of 55 votes, average: 3.60 out of 5 3.60 (5 件の評価)
続きを読む

災いをもたらす呪われたディビュークの箱にまつわる実話のホラー映画ポゼッション

 2015.07.23     海外の怖い話     1件

『ディビューク』(Dibbuk.Dybbuk) それは、紀元後16世紀後半からユダヤ民話のなかでイディッシュ語で伝えられた悪魔である。 古代ヘブライ語で『封じこめた霊(ディビューク)』と呼ばれ、その悪魔を封じたとされる箱(はこ)は実際に存在しています。 劇中では、1920年代にポーランドで造られたとされる『ディビュークの箱』 撮影用に再現された箱に刻まれた文字はヘブライ…

 評価:1 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 5 5.00 (1 件の評価)
続きを読む

検索

最近のコメント

アーカイブ

2017年2月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

怖いコピペSNS